シミに効く医薬品で憧れの美肌を取り戻す

シミ 画像

女性にとって、年と共に出てくる悩みの一つ「シミ」
シミの無いきれいな肌を取り戻すために、美白化粧品や
サプリメントでケアをする方は少なくありません。

 

しかし、美白化粧品は刺激や白斑のリスクが気になりますし、
根本的にシミを改善するために欠かせないインナーケアも、
サプリではきちんと効果を実感することは難しいです。

 

シミ 医薬品 画像

 

そこで、おすすめなのが医薬品です。医薬品はサプリと違って
国に効能を認められています。飲み続けることで、効果的に
シミを予防し、改善することができます

 

 

最近、シミが増えてきた、隠れシミが気になっている
外に出かける事が多い、紫外線を浴びる機会が多い
サプリではなく医薬品でシミケアをしたい
効果的なシミ予防、シミ対策をしたい
本当に効くシミの薬を試してみたい
口コミで人気のシミ薬を購入してみたい

 

こんな悩み・想いをお持ちの方は、一度シミの薬を
試してみてはいかがでしょうか?

 

こちらでは、シミに効く医薬品の中から、特に口コミで人気の商品をピックアップして
います。シミ取りでお悩みの方、シミの無い美肌づくりのために、ぜひご覧になってください。

 

シミ医薬品ランキング【最新版】

ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)
ロスミンローヤルの特長

シミを取ることができる医薬品として「日本で唯一」の商品。
もちろん、シミ予防にも高い効き目がある。

アスコルビン酸やL-システイン等シミに働きかける成分をはじめ、
厳選した9種の生薬により、美容と健康の両面にもアプローチ
シミを改善しつつ、美容効果と健康維持も実感できる優れもの。

肝斑やそばかす、小じわにも優秀な効果が期待できる、
口コミでも人気の、今もっとも売れているシミに効く医薬品

知名度や口コミ人気はもちろん、実績や成分、コスパの良さなど
すべてにおいて今総合評価No.1のシミ薬

価格 8,208円2,052円
評価 シミ薬 評価
備考 期間限定で今なら初回75%OFF、定期コースなら2回目以降も25%OFF+

全国送料無料(最低継続回数1回[初回解約OK])

ロスミンローヤルとは?

【仕様】
・270錠(30日分[1日9錠(3錠×3回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)

【効果】
(1)美容効果
・シミ取り・予防,肝斑,そばかす,ニキビ,小じわ,肌荒れ
(2)健康維持
・冷え性,腰痛,肩こり,のぼせ,目まい,耳鳴り,栄養補給として

【シミに効く成分】
・アスコルビン酸:180mg,L-システイン:160mg(1日9錠あたり)
・シャクヤク,ローヤルゼリーなど9種の生薬

 

キミエホワイトプラス(富山常備薬グループ)
キミエホワイトプラスの特長

メーカー社員が母親のためにつくったシミ取り薬。
シミ取りの医薬品としては、知名度トップクラス

顔のシミ取りはもちろん、腕や背中など全身のシミ
改善できるのが大きな特長。

有効成分の量・質ともにパワーアップした
「キミエホワイトプラス」として新たにリニューアル。

価格 4,536円2,052円
評価 シミ薬 評価
備考 定期購入なら初回55%OFF+全国送料無料+代引き手数料無料

(最低継続回数:1回[初回解約OK])

キミエホワイトプラスとは?

【仕様】
・93錠(31日分[1日6錠(2錠×3回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)

【効果】
(1)美容効果
・シミ予防,そばかす,日焼けなどのメラニン沈着の抑制
(2)健康維持
・妊娠中・授乳中や病中病後などのビタミンC補給にも

【シミに効く成分】
アスコルビン酸:500mg、L-システイン:240mg、パントテン酸カルシウム(1日あたり)

 

ミルセリンホワイトNKB(京都薬品ヘルスケア)

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBの特長

シミはもちろん、大人ニキビにも優れた効果
発揮する医薬品。シミに効果がある有効成分が
L-システイン240mg、ビタミンC1000mgと豊富。

こだわりの無臭コーティングカプセル
採用しており、一般的なシミ医薬品と比べても
飲みやすいと口コミでも評判の逸品。

価格 2,980円
評価 シミ薬 評価
備考 定期購入なら2,200円(26%OFF)

全国送料無料(最低継続回数1回[初回解約OK])
最短で当日発送

ミルセリンホワイトNKBとは?

【仕様】
・180錠(30日分[1日6錠(3錠×2回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)

【効果】
(1)美容効果
・しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着
・にきび,湿疹,じんましん,かぶれ,くすりまけ

(2)健康維持
・次のケースの出血予防:
 歯ぐきからの出血,鼻出血
・次のケースのビタミンCの補給:
 肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期

【シミに効く成分】
アスコルビン酸:1000mg、L-システイン:240mg(1日あたり)

 

トランシーノ ホワイトC(第一三共ヘルスケア)

トランシーノ ホワイトC

トランシーノ ホワイトCの特長

医薬品メーカーから生まれたシミ対策ブランド
「トランシーノ」の最新シミ取り薬

アスコルビン酸と、豊富なL-システインの力で
優れた対シミ予防の働きが期待できる。

シミはもちろん、そばかすやニキビにも効果的な、
知名度の高い医薬品。

価格 2,808円
評価 シミ薬 評価
備考 全国送料無料
トランシーノ ホワイトCとは?


【仕様】
・180錠(30日分[1日6錠(3錠×2回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)
【効果】
(1)美容効果
・シミ取り・予防,そばかす,ニキビ
(2)健康維持
・妊娠中・授乳中や病中病後などのビタミンC補給にも
【シミに効く成分】
アスコルビン酸:1000mg、L-システイン:240mg(1日あたり)

 

ハイチオールCプラス(エスエス製薬)

ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラスの特長

CMでもよく見かけるネームバリューのある医薬品。

アスコルビン酸やL-システインを配合しており、
シミ取りに優れた効果がある。

シミ対策以外に、肝機能をアップにも作用があるため、
二日酔いの予防など、お酒のお供としても人気

価格 4,200円1,865円
評価 シミ薬 評価
備考 期間限定で今なら56%OFF
ハイチオールCプラスとは?

【仕様】
・180錠(30日分[1日6錠(2錠×3回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)

【効果】
(1)美容効果
・シミ予防,ニキビ,じんましん,湿疹,かぶれ,薬負け
(2)健康維持
・二日酔の予防,前身の倦怠感の緩和

【シミに効く成分】
アスコルビン酸:500mg、L-システイン:240mg(1日あたり)

 

シミトール(水橋保寿堂製薬)

シミトール

シミトールの特長

シミ取りや予防のためにつくられた医薬品。アスコルビン酸
他のシミ取り薬には無い、2000mgという高濃度を実現。

「医薬品+最高レベルのアスコルビン酸量」にも関わらず、
比較的安価な価格で購入できるお試ししやすい人気薬。

価格 3,780円
評価 シミ薬 評価
備考 期間限定で今なら64%OFF、定期購入なら2回目以降も26%OFF+

全国送料無料+嬉しいプレゼント付き(最低継続回数:3回)

シミトールとは?

【仕様】
・180錠(30日分[1日2錠(1錠×2回)])
・第3類医薬品(厚生労働省に効能を認証)

【効果】
(1)美容効果
・シミ予防、そばかす、日焼け痕の改善、かぶれ
(2)健康維持
・ビタミンCの栄養補給として

【シミに効く成分】
ビタミンC:2000mg、L-システイン:なし(1日あたり)

 

ホワイトショット インナーロックSX(ポーラ)

ホワイトショット インナーロックSX

ホワイトショット インナーロックSX(ポーラ)の特長

POLAの美白スキンケアブランド「ホワイトショット」
から登場した「食べるホワイトショット」

POLA独自成分の力で、他の医薬品には無い作用によって
シミへアプローチができる。

価格 6,480円
評価 シミ薬 評価
備考 特に無し
ホワイトショット インナーロックSX(ポーラ)とは?

【仕様】
・60粒入り(30日分[1日2錠(1錠×2回)])
・健康食品(医薬品ではない)

【効果】
(1)美容効果
・シミ予防,メラニン生成の抑制
(2)健康維持
・特に無し

【シミに効く成分】
アスコルビン酸:45mg、L-システイン:―
ブランノール(R):190mg(1日あたり)

 

ピュアホワイトW(資生堂)

ピュアホワイトW

ピュアホワイトWの特長

古来から伝わる美容成分「クコの実」を配合した、
資生堂オリジナルのシミ対策サプリメント。

アスコルビン酸やアスタキサンチンなども配合しており、
シミ取りを中心として、さまざまな美肌作用が期待できる。

価格 4,000円3,333円
評価 シミ薬 評価
備考 期間限定で今なら17%OFF
ピュアホワイトWとは?

【仕様】
・270錠(30日分[1日9錠(3錠×3回)])
・健康食品(医薬品ではない)
・ドリンクタイプも用意されている

【効果】
(1)美容効果
・シミ予防,メラニン生成の抑制
(2)健康維持
・特に無し

【シミに効く成分】
アスコルビン酸:1000mg、L-システイン:―
クコの実エキス:1500mg、アスタキサンチン:1mg(1日あたり)

当サイトのランキングは、各シミ薬の販売実績や、顧客満足度、またアットコスメなど
各口コミサイトのレビューや体験談の評価を元に、順位づけを実施したものとなっています。


シミに効果がある医薬品ランキングのまとめ

今回ご紹介した、シミに効果がある医薬品を一覧でまとめると次のようになります。

 

クリックすると拡大します
シミ 医薬品 画像
※表示価格はすべて税込価格
※美容効果:シミ予防以外のニキビ,肌荒れなど
※健康維持:のぼせ,目まい,冷え性,栄養補給など

 

 

シミ取りでもっともおすすめの医薬品はロスミンローヤルです。

 

 ロスミンローヤル 画像

 

公式サイトにも書かれている通り、この医薬品は日本で唯一
シミに効果が認められている商品です。「シミ予防」だけではなく
「既に出来たシミを改善する」ことができます。

 

そのために、アスコルビン酸やL-システインといった
シミへのアプローチができる有効成分がバランス良く含まれています。

 

 

また、9種の生薬が含まれている点も大きな特長です。
生薬の力によって基礎代謝が上がり、ターンオーバーが活性化されますので、
効率的にシミの無い肌を手に入れることができます。

 

シミへの効果が中心ですが、肝斑やそばかす、ニキビや小じわなど
多くの肌トラブルを改善する作用も期待できる優秀な商品です。

 

さらに、生薬をはじめ、豊富なビタミン類やアミノ酸も含まれており、
冷え性、腰痛の改善といった健康維持にも魅力的な医薬品となっています。

 

 

「シミ予防」を謳う医薬品は多くありますが、
「既にあるシミを取る」ことを謳っており、それが日本で認められている
医薬品はロスミンローヤルしかありません

 

口コミでも評価されている、再現性の高い優秀な商品です。
効果的なシミ対策をしたい方、シミ以外の美肌、健康維持にも
取り組みたい方は、ロスミンローヤルをぜひお試しください。

 

今なら初回75%OFF&全国送料無料で購入できますよ。

 

 

ロスミンローヤル

 

 

⇒このページのTOPへ戻る

顔のシミの原因とは?男女で差が出るのは本当?

シミに効く薬について 画像

 

女性で美しい肌に憧れない人はいないでしょう。
手入れをしている方がほとんどだと思いますが、少し
お手入れを怠るとすぐに顔にシミができてしまうんですよね。

 

慌ててケアをしたという人も多いと思いますが、男性でも
そういう経験がある人はいるのでしょうか。

 

男女でシミの原因が違っていたりするのか、今回調べて
みたのでこちらをご覧ください。

 

男女で顔のシミの原因は違う?

 

シミに効く薬について 画像

 

男性、女性で比べると女性のほうが顔のシミが
できやすいとされています。

なぜ女性のほうがシミができやすいのか、それは黄体ホルモンに
原因があるのです。

 

黄体ホルモンは紫外線や外部からの刺激によってメラニン色素を
活発にさせてしまう特性があるので、女性はシミができやすいんです。

 

女性は男性よりもシミができやすいので、外出する時には
紫外線対策をしっかりしないとすぐにシミができてしまいます。

 

妊娠中は特に妊娠していない時と比べて女性ホルモンが
増加しているので、シミができやすい時期です。
出産し落ち着いたころに気づいたらシミがたくさんできていた
という経験がある人も多いでしょう。

 

季節問わず、妊娠中はシミ対策を徹底しないと後悔しますよ。

 

男性は女性に比べて女性ホルモンが少ないのは当然ですが、
女性ホルモンが少ないため紫外線を受けてもシミになりにくいのです。
男性の顔はあまりシミがないのはホルモンが関係していたのです。

 

顔のシミはメイクが原因?

 

シミに効く薬について 画像

 

男性はしなくて女性がするものといえば「メイク」です。
男性で日常的にメイクをしている方は少ないですよね。
メイクも実はシミの原因になっています。

 

女性の多くはメイクをして身嗜みを整えますが、お風呂に入る
時にクレンジングをしますよね。
クレンジングを優しく丁寧にしているならあまり問題はないのですが、
ごしごしと擦ったりしているとシミができやすくなります。

 

男性は女性のようにクレンジングをしてから洗顔をする人は
あまりいません。
肌にかかる負担は女性よりも少ないので、シミになりにくいのです。

 

肌は刺激が加われば加わるほどシミができやすくなるので、
男女で比べると女性のほうがシミができる可能性が高いといえるでしょう。

 

そもそも男性はシミができにくい環境にいる

 

シミに効く薬について 画像

 

男性は黄体ホルモンの分泌が少なく女性のように肌に刺激を
するということがないので、シミができにくいことが分かりました。

 

女性としては男性のシミのできにくさは羨ましいものですが、
妊娠、メイクの楽しみは女性ならではのものです。

 

シミができやすいということを理解し、紫外線対策やケアを
しっかりとして上手く付き合っていくことが大切です。

 

美容液や化粧水、サプリメントなどさまざまな対策方法が
あるので、自分に合った方法をとってみてください。
シミのない美しく白い肌を目指し、シミ対策をしていきましょう!

 

肌に使うものはまれに合わないことがあるので、初めて使うものは
サンプルがあればサンプルを試してみてから使うと安心です。
特に混合肌、敏感肌、乾燥肌の方はサンプルの利用をおすすめします。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

顔のシミがかゆくなるのは何で?原因はこちら

 

シミに効く薬について 画像

 

シミができてからしばらくすると、なぜか
かゆみを感じることがあります。なぜなのでしょうか。

 

でも、シミは必ずかゆくなるわけではありません。
顔のシミがかゆいとき、かゆくないときの違いについて
調べてみたのでこちらをご覧ください。

 

顔のシミがかゆくなるのはなぜか

 

シミに効く薬について 画像

 

シミは皮膚に色素沈着ができるだけで、シミができるだけで
顔がかゆくなることはありません。
ではなぜシミがかゆくなるのかというと、シミが進行して
変化している可能性があります。

 

変化したシミというのは老人性のイボのこと。
30代からできてくるもので、手の甲によくできるのが特徴です。

 

できたときは普通のシミなのに、しばらくすると盛り上がってきて
乾燥でカサカサとしていて他のシミとは違うことが分かります。

 

老人性のイボは正式には脂漏性角化症という名前で、皮膚科では
老人性のイボと呼んでいたりします。

 

年齢を重ねると増えてくる老人性のイボはそのままにしていても
なくなることはまずないので、適切な処置する必要があります。

 

なぜできてしまうのか、それは肌に刺激を与えたり紫外線対策を
さぼってしまったことが原因とされているので、外出する
ときにはかならずケアをし対策しましょう。

 

また、老人性のイボは人によってできやすい人やできにくい人がいます。
体質によってたくさんできてしまう人は本当に悩んでしまうでしょう。

 

紫外線ダメージが原因ですが、ほかにも乾燥や潤い不足、
かゆくてかいてしまうなどの行為が悪化させる原因です。

 

老人性のイボが悪化すると見た目が悪くなってしまうので、どうしても
悩みだという場合は美容皮膚科で除去することもできます。
男性だとそのままでも気にしない人が多いですね。

 

顔、手のシミがかゆくても放置していい?

 

シミに効く薬について 画像

 

かゆいシミは老人性のイボと判断し、かゆくてもそのまま
放置してしまっても大丈夫なのでしょうか。
実は、老人性のイボには良性と悪性の二種類があります。

 

悪性のイボをそのままにしておくと知らず知らずのうちに
ガンが進行してしまいます。

悪性のイボはつまり皮膚ガンの一種で、進行が早く全身に急に
がん細胞が転移してしまう恐ろしいものです。

 

特に、真っ黒なシミは悪性腫瘍の可能性が高いので、もし体に
そのようなシミがあった場合には早いうちに検査をしましょう。

 

ただ、薄茶色のシミでも悪性だったケースもあるので
自分で判断はせずに気になるならすぐに専門医に相談する
ことをおすすめします。

 

手の甲や顔のシミがかゆいだけだし…とは思わず、少しでもかゆみや
良性、悪性が気になる場合は病院へ行ってみましょう。
詳細が分かれば気持ち的にも楽になりますよ。

 

悪性の場合進行が速いので、早いうちに発見することは治療の
幅も広がりますからシミがかゆいだけで病院は…と考えず
念の為に検査をするようにしましょう。

 

もし悪性だった場合でも早期で発見ができれば完治させることができます。
進行してしまってからでは遅いですからかゆみのあるシミが
できた場合はできれば病院へいくことをおすすめします。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

顔のシミから分かる病気とは?

シミに効く薬について 画像

 

顔にシミができてしまうと鏡を見るたびに憂鬱になりますよね。
シミができてしまったら薄くしていくのは大変ですし
放置していて治るものではありません。

 

しかし、シミがメリットになることもあるのです。
それはシミが体が発する病気のサインになっていることが
あるということです。

 

顔のシミを見てどこが病気になっているのか分かることがあります。
今回、顔のシミで分かる病気についての紹介をしています。
病気が進む前に、シミから早期で発見したいものです。

 

顔のシミからどんな病気が分かる?

 

シミに効く薬について 画像

 

顔のシミからどんな病気を発見できるのでしょうか。
人の顔にはツボがたくさんあり、そのツボの部分にシミが
できた時にその部分が病気になっている可能性があります。

 

例えば目の下のクマになる部分にシミができると腎臓、
膀胱の働きが弱まっている可能性があります。

 

体に必要のない老廃物がたくさんたまっていて排出機能が
弱くなっているなどの不調を起こしているかもしれません。

 

また、頬のシミは小腸や大腸など、腸内環境の乱れが
原因になっていることがあります。

 

他にも顔のシミからこのようなことが分かります。

 

  • フェイスラインのシミ…消化不良、胃に大きく負担がかかっている
  • 目頭のシミ…胆のうの機能が弱まっている
  • 耳の付近のシミ…リンパの流れが悪く体に老廃物が蓄積している

 

このように、シミができる場所によって体が弱まっている部分が
分かる場合があるのです。

 

顔のシミがあると憂鬱になることもあると思いますが、シミの
場所によって病気のサインが分かることもあるので、見逃さない
ように気を付けたいですね。

 

早く病気を見付けることができれば早く治療に入れますし、
早期発見した分完治も早くなります。
シミの場所が心配な時にはお医者さんに相談をしてみてください。

 

顔のシミが左右対称になっているのは女性特有の病気?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミは一つだけでなく、いくつもできることがあります。
もし顔にシミがあったらよく見てみましょう。
左右対称になっていませんか?

 

左右対称のシミは「肝斑」の可能性があります。

 

肝斑はシミの一種で、広範囲にシミができるのが特徴です。
目の下にできたとき、左右どちらにも同じくらいの大きさ・形の
シミができます。

 

特に20代〜30代の女性にできやすく、女性ホルモンの乱れが
原因になっていると言われています。

 

ホルモンバランスが乱れることでメラニンが過剰に作られ、
シミが広範囲にできてしまうのです。
肝斑は多くの女性が病院で相談、治療しているシミです。

 

内服薬を飲んで血液の流れをよくすることでシミの改善を狙います。

 

血流の悪い状態は体が冷えシミができやすくなるので、内服薬で
新陳代謝を高めてシミの改善ができるのです。

 

特に女性ホルモンの乱れやすい時期は妊娠しているとき。
20〜30代は妊娠、出産する人が増える時期なので、肝斑は
このくらいの年代の女性にできやすいと言われています。

 

肝斑ができたとき、まずは皮膚科で相談をしましょう。
妊娠中や出産後であればお医者さんに相談をして薬の
処方をしてもらってください。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

自宅で顔のシミを消すことはできる?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミが一度できてしまうとなかなか消すことができなく
とても厄介なものです。
歳を重ねるとシミができる量も頻度も増えますから、
なんとか自宅で手軽にできるケアをしたいもの。

 

顔のシミを自宅で消す方法にはどのようなものが
あるのでしょうか。
こちらでは自宅で行える顔のシミを消す方法について
紹介しています。シミ対策にぜひお試しください。

 

顔のシミを運動で消す

 

シミに効く薬について 画像

 

シミの原因は過剰に分泌された女性ホルモンや
ホルモンバランスの乱れ、酸素が体に足りていない状態も
原因になっていると言われています。

 

女性ホルモンの乱れを直し整えることは難しい
ですが、酸素を体中に送ることは自分でも行えます。

 

有酸素運動が酸素を取り入れる方法としておすすめです。
肌のターンオーバーを整えてシミを消す効果に期待できますよ。

 

しかし、自宅で毎日顔のシミのために運動をするのは
なかなか大変なことです。

 

そこで、体を温める方法もおすすめします。
腹巻はお腹も背中も温まり、体全体を温めていくことができるので
腹巻を巻くように習慣づけてみてください。

 

体を温める作用があるツボを押す、サポーターを巻く
なども体を温める効果に期待する事ができます。

 

有酸素運動をして体を温めるのが一番ですから、体を温める
だけでなく運動をして血液の流れを促すのも意識してください。
ウォーキング、ジョギング、呼吸方法を意識した筋トレに
挑戦してみましょう。

 

また、お風呂に入る時はしっかりとお湯に浸かりシャワーだけで
済まさないようにしてください。
シャワーだけだと体がしっかり温まりません。

 

汗がにじむくらいの温度のお湯に浸かり、体の芯まで
温まりましょう。

 

食事で顔のシミを消す方法

 

シミに効く薬について 画像

 

顔のシミを消すには、ビタミンCを摂取することが大切です。
自宅でごはんを作る時にはビタミンCが豊富に含まれた食材を
1日数回に分けて取り入れましょう。

 

食事だけでは補い切れない場合はビタミンCのサプリメントを
活用するのがおすすめです。

 

サプリメントは手軽に摂取することができ、毎日続けやすいので
食事だけでビタミンCを補うよりサプリメントを活用するのが
効率的でしょう。

 

ただし、一度に全て摂取しても余分なビタミンCは尿と一緒に
排出されてしまうので、サプリメントを活用する場合には
1日3回に分けて飲んでください。

 

 

他には砂糖を使った食品に気を付けましょう。
洋菓子はほとんどに大量の砂糖が含まれているので、食べ過ぎには
十分に気を付けてください。

 

最近はカロリーゼロのお菓子もあります。
しかし、合成甘味料が使われているので体にはよくありません。
合成甘味料はガン細胞のエサになると言われています。

 

甘いものがどうしても食べたいなら蜂蜜を使ったお菓子か
自分で作るなどしてください。

 

また、加工食品にも気を付ける必要があります。
ハム、ナゲット、ウィンナーはリンが含まれていて、シミの原因に
なってしまいます。

 

顔のシミを消すには、体を十分に温め有酸素運動をしましょう。
そしてビタミンCを摂取し、甘いものや加工食品に気を付ける
生活をしていれば自宅で簡単に顔のシミを消していくことができますよ。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミを皮膚科で消すにはどのくらいの料金がかかる?

シミに効く薬について 画像

 

シミを消すにはサプリメントや美容液を使うのも
ひとつの方法ですが、手っ取り早くシミを改善するなら
美容クリニックや皮膚科を利用するのもおすすめです。

 

しかし、美容目的の治療は保険適用外になってしまうので
どのくらい料金がかかるか分からず、なかなか踏み切れない
という方も多いでしょう。

 

そこで、皮膚科でシミを治す場合どのくらいの料金が
かかるのか、相場を調べてみました。

 

皮膚科でシミを改善したいと検討している方は、
こちらを参考にしてみてください。

 

レーザー治療にかかる料金

 

シミに効く薬について 画像

 

シミを治す効果的な方法としては「スイッチルビーレーザー」
というものが高い効果があると人気になっています。
痛みの伴う治療ですが、シミを除去する効果が高いです。

 

しかし、美容整形になるので保険適用外で治療にかかる
費用は全て自己負担になっているので注意してください。

 

しかも、1回で終わる治療ではないので2〜3回通院する
必要があり、全てを合わせると5万円以上になってしまいます。

 

皮膚科でシミを消すメリットは既にできているシミを消す
だけではなく、これから出て来るシミ予備軍も見付けることが
できることでしょう。

 

また、若くシミの数が少なければ1回の治療で済むことも
あるそうですが、それでも治療費は自己負担ですから
2万円くらいはかかってしまいます。

 

料金負担は大きいですが、綺麗にシミがなくなり仕上がりも綺麗なので
お金に余裕があれば皮膚科での治療も取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

シミの除去ができる美容整形を調べると、1回2,500円で
治療してくれるクリニックも
ありました。

 

しかし、1か所だけシミを取り除きたいということはあまり
ないでしょうから、何か所もやるなら2,500円では済みません。

 

皮膚科やクリニックでレーザー治療するなら、まずは
カウンセリングを受けます。
そして予約を取って治療へ進んでいきます。

 

できるだけ出費を抑えて治療したい方は、目立つシミだけを
取り除き小さいシミは治療しないでいいと伝えてみてください。
料金が高額にならないように相談をしながら、納得した上で
治療を始めていきましょう。

 

レーザー治療を受けた後は…

 

シミに効く薬について 画像

 

レーザー治療は夏よりも冬に行うほうがおすすめです。
レーザーを受けた肌は紫外線を当ててはいけなく、冬でもマスクや
サングラスをして紫外線が肌に当たらないように気を付けなくてはいけません。

 

また、レーザー治療後には絆創膏、ガーゼを当てるので
化粧をすることはできません。

 

広範囲のシミを一度に除去すると絆創膏も大きなものを
使用するのでメイクができなくなってしまうでしょう。

 

レーザー治療以外では光を当てる治療もあります。
治療してすぐにメイクができるメリットもありますが、料金は
レーザー治療に比べて3倍ほど
かかってしまいます。

 

これ以外にもシミを消す方法はあるので、皮膚科でシミを治療
する場合は治療内容、料金について医師とよく相談をし
納得した上で行っていきましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミと肝斑の違いと見分け方

 

シミに効く薬について 画像

 

シミと肝斑は何が違うかご存知ですか?
どちらもシミの一種ですが、そもそも作り出される
メカニズム自体が違います。

 

年代によってもできやすかったりするものなので、
今回はシミや肝斑の違いについて紹介していきます。

 

できやすい年代やメカニズムを知っておけば
肝斑やシミの対策も立てやすくなるでしょう。

 

シミと肝斑の違いについて

 

シミに効く薬について 画像

 

シミと肝斑の違いでもっとも大きな点は、肝斑は紫外線対策を
していてもできてしまうというところです。

 

一般的にシミは紫外線を浴びることでシミの元のメラニン組織が
活発になりできるもの。

 

肌のサイクルが正常ならシミはできても自然と消えて
いきますが、肌のサイクルが乱れているとメラニンが残り
シミになってしまうのです。

 

しかし、肝斑は紫外線がなくてもできてしまいます。

 

また、シミと肝斑では見た目も違います。
肝斑は薄い色で大きなシミになるのが特徴です。

 

普通のシミは肌色の部分との境界線がはっきりとしていますが、
肝斑は周囲との輪郭があいまいで肌に溶け込むような薄い
色をしています。
人それぞれ色は違いますが、斑点のようにできていきます。

 

また、肝斑はできやすい年代もあります。
特に20代〜30代の女性にできやすいのですが、これは
女性ホルモンの乱れや過剰なストレスが原因とされています。

 

  • ストレスを過剰に溜めている
  • 妊娠中
  • 顔を擦る癖がある
  • ピルを飲んでいる

 

このような方は肝斑ができやすい状態なので、十分に
気を付けてください。

 

肝斑はどこで治せる?

 

シミに効く薬について 画像

 

肝斑はそのままにしておいても治ることはありません。
ただ、50代を過ぎたら治ったということもあるようです。

 

閉経などで女性ホルモンが減ることが改善に
関係していると言われています。

 

しかし、肝斑は目立つシミなので20代〜30代の女性に
できてしまうと気になりますよね。

 

治療をするなら美容皮膚科、皮膚科へいくことをおすすめします。

 

肝斑の治療は薬を飲むのが一般的です。
薬はビタミンC配合のものが主で、血行促進効果に期待でき
1日の摂取量を守り飲めば改善していくことができます。

 

肝斑はレーザー治療をすると悪化させる可能性があります。
レーザー治療が有効なのは普通のシミなので、まずはシミと肝斑を
見極めることが大事です。

 

肝斑は生活習慣の変化で消えることもありますが、繰り返しやすい
という特徴があるのでしっかりと治療をするなら医師に
相談するのが予防、改善の一番の近道になるでしょう。

 

ちなみに、レーザー治療でシミを治す場合には保険適用が
されず、全て費用は自己負担になるので高額な治療費に
なってしまうことがあります。

 

何回も通う必要もあるので5万円以上はかかると言って良いでしょう。

 

治療はできるだけ高額にならないように相談をしながら進めて
いくこともできるので、大きな目立つシミだけをレーザー治療で
消し、小さく目立たないシミは治療しないままということもできます。

 

小さなシミにはレーザーを当てないだけでもかなり費用は
浮くのでぜひ医師に相談をしてみてください。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミに効く薬はトランサミンがおすすめ

シミに効く薬について 画像

 

シミの一種の肝斑は病院で薬を処方してもらい、毎日
服用しないと治らないことの多い厄介なシミです。

 

シミに効く薬と一言でいっても、
薬は塗り薬だったり内服薬だったり色々ですが、内服薬の
トランサミンという成分はどのような効果に
期待することができるのでしょうか。

 

今回、シミに効く薬のトランサミンについて
紹介していこうと思います。

 

シミに効く薬「トランサミン」とは?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミの一種の肝斑は20代から30代の女性に
できやすいのが特徴です。
肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れることで
できるシミで、妊娠や出産をする女性の多い
20〜30代に肝斑ができやすいのは頷けます。

 

肝斑は顔の目立つところにできるので、女性としては
「恥ずかしい」「隠したい」ものです。
左右対称に広範囲にできるのも肝斑の特徴です。

 

遠目からみても肝斑は目立つシミなので、できて
しまうと女性にとって大きな悩みになってしまいます。

 

そのまま肝斑を放置しておいても病気になったり悪影響は
ありませんが、女性にとっては隠したい恥ずかしいもの
ですから多くの方が治療を望みます。

 

ファンデーションで隠すことはできますが、できれば
根本から改善したいですよね。

 

病院で肝斑の治療をする場合、一般的に使用されるのは
トランサミンという薬です。
シミに効く薬として医療の現場で活躍しています。

 

トランサミンはトラネキサム酸とも呼ばれていて、アミノ酸の
一種の成分です。
肝斑の治療以外にも炎症を抑えたり、アレルギーや口内炎の
治療にも効果があります。

 

トランサミンはプラスミンというメラニンの生成を活発に
させる物質を抑制させる働きがあり、これ以上シミが
酷くなるのを防ぐ
ことができます。

 

トランサミンの副作用について

 

シミに効く薬について 画像

 

トランサミンは医療の現場でもよく使われていて、
シミに効く薬としてはもちろん止血剤やアレルギー薬としても
活躍しています。

 

副作用はほとんど出ることがなく、安全に使用することが
できますが、まれに胸やけ、吐き気、発疹などの副作用を
起こすことがあります。

 

薬の処方をされるときに説明を受けると思いますが、
もし副作用のような症状が出る場合には病院で相談をしてください。

 

人によっては体質的にトランサミンが合わないこともあります。
もし合わない場合には別の薬にしてもらったり、別の方法での
治療に切り替えましょう。

 

また、シミの状態によっては内服薬ではなくレーザー治療を
する場合もあります。
医師によって治療方法は異なるので、希望する治療方法が
あれば事前に相談をすると良いでしょう。

 

トランサミンは副作用の心配はありませんが、妊娠中にも
飲めるのかどうか気になる人もいるでしょう。

 

基本的に妊娠中でも飲んで問題はありませんので、妊娠中も
シミ対策ができます。
万が一妊娠に気付かないままトランサミンを飲んでいても
赤ちゃんに悪影響はないので安心してください。

 

妊娠中ずっと飲んでいても問題はないですが、トラブルを
起こさないようにするためにも念のために医師には相談をしておくようにしましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミに効く薬 塗り薬に効果はある?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミの一種である肝斑は一般的に内服薬を飲みながら
治療をしていきますが、塗り薬を使うこともあります。

 

一体どのような塗り薬を使い、肝斑の治療をするのでしょう。

 

今回、シミに効く薬はどれくらい効果があるものなのか
調べてみました。
肝斑にお悩みの方はぜひこちらを参考にしてみてください。

 

シミに効く薬の塗り薬はどんな効果がある?

 

シミに効く薬について 画像

 

肝斑の治療で使う塗り薬は「ハイドロキノン」が一般的です。
ハイドロキノンは皮膚の漂白剤と呼ばれていて、
塗った場所が脱色したように色素が薄くなっていきます。

 

肝斑は左右対称に広くできるシミで、ハイドロキノンの
色素を抜く薬は治療に有効なのです。

 

しかし、ハイドロキノンは強力な効果がある薬なので
使用方法はしっかりと守り使わなければなりません。

 

間違えた使用方法で使っていると通常の肌の色素も
落としてしまい、塗った場所は白くなって不自然な色に
なってしまうので注意しましょう。

 

病院でハイドロキノンを処方してもらうときに使用方法は
説明されるので、きちんと聞いて用法用量を守り
使用してください。

 

一度脱色し白くなった皮膚はもとに戻ることはないので、
絶対に使用量を間違えて使用しないでください。

 

ハイドロキノンは病院で処方されるものですが、最近は
同じ成分を使用した化粧品がお手頃な価格で
購入できるようになりました。

 

病院で処方する薬ほどの濃度ではありませんが、ハイドロキノンが
含まれています。

 

インターネットで販売されている化粧品ですが安全基準を
満たしているので、健康被害はなく安全です。

 

もっと白くしたいと欲張り、個人輸入で濃度の高い
ハイドロキノンを購入し使用すると危険ですから、絶対に
個人輸入で購入はしないようにしてください。

 

医療用に使わない高濃度のハイドロキノンは発がん性が
あると研究によりわかっています。

 

肌を白くしたい気持ちはわかりますが、必ず医師に処方して
貰った薬を用法用量を守り使用するか、安全な化粧品を
購入するようにしてください。

 

 

シミに効く薬の塗り薬はいくらくらい?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミに効く薬の塗り薬で一般的に使われるハイドロキノンは、
日本では保険適用外になっています。
ですから全て自己負担になるので、処方してもらうときには
費用に気を付けてください。

 

1回の受診で5,000円程かかり、効果が出るまで何度も
3か月くらいは通院しなければなりません。

 

塗り薬がなくなればまた処方してもらわなくてはならないので
保険が適用される医療行為に比べてかなり高額になります。

 

しかし、レーザー治療をするよりも安く綺麗に脱色ができるので
肝斑に悩む方からは人気を集めている治療方法です。

 

価格が高い分効果はありますし、国内はもちろん海外からも
注目されています。

 

ただし、体に負担をかけるため妊娠中や授乳中には使用しないでください。
化粧品にハイドロキノンが使われているものは、医療用より
濃度が低いので妊娠中でも使用することができます。
妊娠中も肝斑治療をしたい場合は、ハイドロキノン配合の
化粧品を使うといいでしょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

シミに効く薬の処方…保険適用はどうなる?

シミに効く薬について 画像

 

シミに効く薬を皮膚科で処方してもらう場合、気になるのは
保険が適用されるのかされないかです。
レーザー治療でも保険適用はどうなるのでしょうか。

 

治療を検討している方は費用がどれくらいかかるのか
知っておきたいことですよね。

 

そこで、今回は皮膚科でシミに効く薬を処方してもらう
場合の費用についてをまとめてみました。

 

肝斑をレーザーで治療する場合の費用

 

シミに効く薬について 画像

 

肝斑は顔の広い範囲に広がるシミの一種で、左右対称に
できるのが特徴です。
そのまま放置しても体に害はありませんが、美容を気にする
女性にとっては困った存在です。

 

肝斑そのものは日常生活において支障がないため、日本では
病院での治療で保険適用外となっています。

 

つまり肝斑を治療する場合、全て自己負担になるということです。
保険適用外なので病院に行く前に注意してくださいね。

 

レーザー治療やシミに効く薬を処方してもらう時、皮膚科や
美容皮膚科、クリニックにいきますが全ての費用は自己負担
ですから高額になるでしょう。

 

また、レーザー治療はシミの状態によっては行えない
場合もあります。

 

シミの治療に関しては高額になるので、疑問や不安、少しでも
費用を抑えたいなど相談できることは何でも医師に聞いて下さい。
納得した上で治療に進めるようにしましょう。

 

レーザー治療でかかる費用は、1回あたり1万円。
レーザーを照射する部分が多いと何回も治療に通わなければ
ならないので、10万円以上かかる場合もあります。

 

保険適用外ですから全額負担となるとかなりの高額になるでしょう。
皮膚科に行った際にはどれくらいの費用になるか
あらかじめ聞いておくといいかもしれません。

 

保険が適用されないので始めから美容クリニックに行く方も多いです。
レーザー治療以外にも光を当ててシミを消す方法、ジェルを
塗る方法など治療方法の幅が増えます。

 

肝斑の治療は保険を適用させることはできる?

 

シミに効く薬について 画像

 

肝斑の治療はどの方法でも保険が適用されることはありません。
レーザー治療をしなくてもです。

 

シミに効く薬を皮膚科にもらいに行った場合、保険適用外
ですから内服薬や塗り薬も高額になります。
内服薬は1か月分で5,000円ほどかかるそうです。

 

他にもビタミンCも一緒に処方されることもありますが、
病院で処方されるサプリメントは高額なので必要なければ
断っても構いません。

 

病院で処方されるサプリメントと市販のサプリメントでは
4倍近く値段が違います。ここで少しでも節約しましょう。

 

肝斑の治療はビタミンCも必要ですが、高額なら少しでも安い
市販のビタミンCサプリを飲んだ方が良いです。

 

また、病院で処方される薬やサプリメントを飲んでまれに
体調を崩す方や肌荒れする方がいます。
基本的に副作用はほとんどない安全な薬ですが、全ての人に
合うものとは限らないので、万が一体調を崩したり皮膚に異常が
出る場合には、医師に相談をし薬を変えてもらうなどしてください。

 

妊娠中や授乳中の方も念の為に相談をするようにしましょう。

 

 

⇒ ページのTOPへ戻る

 

シミに効く薬の副作用は心配ない?

 

シミに効く薬について 画像

 

シミに効く薬について今回ご紹介しています。
皮膚科、美容皮膚科で処方されるシミに効く薬は
副作用の心配はないのでしょうか。

 

副作用の心配はないものなのかどうか調べてみました。

 

シミに効く薬の副作用 内服薬編

 

シミに効く薬について 画像

 

肝斑というシミの一種の治療では、内服薬を飲むか
レーザー治療をするか選ぶことができます。
どちらを行うか選べない場合はどちらも試し、効果が
ある方を続けていくといいでしょう。

 

皮膚科で処方される薬はトランサミン(トラネキサム酸)が
ほとんどで、シミに効くだけでなくアレルギー治療や口内炎にも
使われる一般的な薬です。

 

止血剤としても使われる薬なので、シミに効く薬に
使っても大丈夫なのか?と思う方もいるのでしょう。

 

トランサミンは基本的に飲んでも副作用を起こすことは
ありませんが、止血剤として使われる薬ですから血栓が
できやすくなる可能性があります。

 

そのため脳梗塞や心筋梗塞の原因にならないかと心配されているのでしょう。

 

ただ、トランサミンは飲んでいるだけなら問題はありませんが
慢性的に飲んでいる状態で他の薬(風邪薬など)を飲むと血流が
悪くなることがあるので、予防するためにも薬を
処方してもらう時にはお薬手帳を提出しましょう。

 

医師や薬剤師が飲み合わせを考えて安全な薬を処方してくれます。

 

また、インターネットでトランサミンを配合した薬が
売られていますが、他の薬を飲んでいる方は飲み合わせが心配
なのでなるべく医師に処方して貰った薬を使用してください。

 

病院では飲み薬の他にビタミンCのサプリメントも一緒に
処方されることがありますが、病院のサプリメントは
高額で負担になるのでサプリメントは断ることもできます。

 

必要がない方はサプリメントは処方しなくても良いと伝えましょう。

 

飲み薬は人によって副作用がまれに起こり、体調を崩すことも
考えられるので飲んでみて異常や違和感などを感じる場合は
服用を中止し、医師に相談をし別の薬に変えて貰ってください。

 

シミに効く薬の副作用 塗り薬編

 

シミに効く薬について 画像

 

シミに効く薬の塗り薬はハイドロキノンが一般的です。
日本国内はもちろん海外でも使われている薬で、シミを
漂白して消す効果があります。

 

皮膚科で処方してもらえますが、ハイドロキノンの処方は
自分で申し出る必要があります。

 

ハイドロキノンは漂白力が強いので、副作用の心配があります。

 

副作用としては紫外線を浴びるとやけどしたようになったり、皮膚が
ただれたり赤くなるなど。
ハイドロキノンが浸透した部分が日焼けしなくなるので、素肌の
奥まで紫外線が入ってしまうのが原因です。

 

ハイドロキノンを使う場合は必ず日焼け止めを使用し、
UVカット効果のある服、日傘を使用し紫外線から肌を守りましょう。

 

ハイドロキノンは紫外線によるトラブルの可能性があるため
使用する場合は冬にすすめられることが多いです。

 

薬が強力なので妊娠中や授乳中の方はトラブルを避けるために
使用を控えましょう。シミに効く薬(飲み薬)ではなく、
ハイドロキノンが少量配合された化粧品の使用なら可能です。